山梨県甲府市の産婦人科 梶山クリニック|妊婦健診 母親学級 乳児検診 子宮がん検診 病床あり 南アルプス市 マタニティヨガ

山梨県甲府市の産科・婦人科 梶山クリニック|出産 妊婦健診

※帝王切開などの手術がある場合、少し早めに受付を終了する場合があります。※分娩・急患の際は電話連絡の上、ご来院ください

山梨県甲府市の産婦人科 梶山クリニックの電話番号は055-222-9200

マタニティコンサート

梶山クリニックでは、定期的にマタニティコンサートを開催しています。
過去に開催した、マタニティコンサートをご紹介します。

チェロとピアノのマタニティコンサート

2014年8月9日(土)午後
久しぶりにマタニティコンサートを開催いたしました。
チェロとピアノによる「ユーモレスク」、「無言歌」、「愛の夢」など、なじみ深い曲から始まり、途中ティータイムをはさみ、手作りケーキを楽しんでいただきました。

後半はバッハ「無伴奏チェロ組曲」やカッチーニ「アヴェ・マリア」、カサド「愛の言葉」と続き、チェロとピアノが紡ぎだす美しい音のハーモニーに、聴衆の皆さまは熱心に聴き入っていらっしゃいました。

アンコール曲は「星に願いを」でした。おなかの赤ちゃんが無事に生まれ、スクスクといい子に育ちますように・・と願いを込めてコンサートを終えました。
当日のプログラムはこちらからご覧いただけます。

  • チェリスト 梶山 美菜
    山梨県甲府市出身
    駿台甲府高校卒業
    北里大学医学部医学科5年在学中。
    4歳よりチェロをヴァーツラフ・アダミーラ氏に師事。
    2011年プラハアカデミーに短期留学、チェロをM.カニュカ氏に師事。
    学業の傍ら、高齢者施設でボランティアコンサートに出演。
  • ピアニスト 澤田 綾子
    東京都武蔵野市出身
    武蔵野音楽大学ピアノ科卒業
    ギャラリーでの画家とのコラボレーションコンサート、高齢者施設などで音楽療法士として活動。2011年、2012年プラハアカデミーに参加、ピアノをF.マリー、M.ラプシャンスキー、室内楽をM.カニュカの各氏に師事。ピアノ教室ヴィヴァーチェ主宰。
    千葉敬愛短期大学非常勤講師。
    日本音楽療法学会認定音楽療法士。

ハープとフルートのコンサート

2010年11月27日(土)午後
待合室にてコンサートを行いました。今回はハープ奏者の長谷川朋子先生、フルート奏者の金井もとみ先生による優雅なデュエット。長谷川先生は珍しいハープをもう一台ご持参くださり、解説とともに音色の違いも楽しませてくださいました。

愛の挨拶、アヴェ・マリア、精霊の踊り、ハンガリー田園幻想曲など、美しいメロディーの数々…。フルートとハープの音色はどうしてこんなに心地良く響き合うのでしょう。お腹の赤ちゃんもきっとこの優しい音色を覚えていてくれるはず…。

チェロとピアノのコンサート

2009年3月14日午後2時30分より、当クリニックのサロンにて、チェロとピアノのコンサートを開きました。
チェロ演奏は、ヴァーツラフ・アダミーラ先生
ピアノ演奏は、安田正昭先生です。

メンデルスゾーン作曲の「春の歌」で始まり、会場内はひと足早く、春の雰囲気に包まれました。カサド・ラフマニノフ・ドヴォルザーク作曲のチェロの名曲に、お腹の赤ちゃんも、きっと耳を澄ましたことでしょう。

ティータイムには、手作りケーキでちょっとひと休み。アンコールのトロイメライ(ピアノ)やヴォカリース(チェロ)の美しい響きが、いつまでも心の中に残るコンサートでした。

ハープとフルートのコンサート

2008年10月25日午後、マタニティ・コンサートを開催しました。

ハープとフルートの華やいだ優しいメロディーと、手作りケーキのティータイムを楽しんでいただきました。ご夫婦での参加が増え、嬉しく思います。

マタニティ・クリスマスコンサート

マタニティ・クリスマスコンサートを2007年12月22日に開きました。
「トリオ・ボヘミカ」のメンバーで、チェリストのヴァーツラフ・アダミーラ先生、ピアニストの安田正昭先生をお迎えしてのコンサート。クリスマスの雰囲気の中、ヨーロッパの香り漂うチェロとピアノの美しい音楽と、美味しいティータイムを楽しんでいただきました。

改築5周年記念コンサート

2007年6月30日に当クリニックの改築5周年を記念して、院内コンサートを開催しました。

音楽王国、チェコの出身でいらっしゃる「トリオ・ボヘミカ」の皆様による素晴らしい演奏でした。
ピアノ/ヤン・ホラーク
チェロ/ヴァーツラフ・アダミーラ
ヴァイオリン/ヤン・プステヨフスキー

間近で名演奏を聴くという贅沢なひと時でした。どこかで耳にしたことのある名曲の数々。優しい調べが心の中に(お腹の赤ちゃんにも!)響き渡りますように。