産婦人科 妊娠 梶山クリニック 山梨県 甲府市 マタニティヨガ

山梨県甲府市の産科・婦人科 梶山クリニック|出産 妊婦健診

※帝王切開などの手術がある場合、少し早めに受付を終了する場合があります。※分娩・急患の際は電話連絡の上、ご来院ください

山梨県甲府市の産婦人科 梶山クリニックの電話番号は055-222-9200

子宮頸がんワクチン

ワクチン接種後に痛みやけいれんなどの「副反応」がおこることがあり
国はワクチンと健康被害との関連を追跡調査中です。
ワクチン接種の推奨は現在中断していますが、希望があれば接種することはできます。

子宮がんには、子宮の奥に発症する子宮体がんと、子宮の入口付近にできる子宮頸がんの2種類があり、20~30代の女性に一番多いがんが子宮頸がんです。
日本では年間約15,000人の女性が子宮頸がんを発症し、そのうち1日に約7人が亡くなっているというデータもあります。

子宮頸がんの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)という皮膚や粘膜に存在するごくありふれたウイルスのうち「発がん性HPV」に感染することで、主に性交渉により感染します。

発がん性HPVに感染しても子宮頸がんになるのはごく一部です。
発がん性HPVに感染しても90%以上は自然に排除されますが、排除されなかった一部のウイルスの感染が長期間続くとがん化するといわれています。

HPVは一度排出されても感染の機会があれば繰り返し何度でも感染するため、予防法としてワクチン接種が一番有効です。(十分な効果を得るため、3回の接種が必要)

子宮頸がん予防ワクチンの接種について

対象者
10歳以上の女性
接種回数
半年間に3回の接種が必要です。
  • 初回接種
  • 2回目:初回から1か月後
  • 3回目:初回から6か月後
接種料金
16,200円(税込)/回

定期的に子宮頸がん検診を受けましょう

ワクチンは、特に子宮頸がんになりやすいHPV16型と18型の感染を予防するものです。全ての発がん性HPVの感染を防ぐものではありませんので、子宮頸がんの予防と早期発見のためには検診がとても大切です。

20歳を過ぎたら定期的に(10代でワクチンを接種された方も)ぜひ検診を受けるようにしましょう。

子宮頸がん検診についてはこちらをご覧ください。