山梨県甲府市の産婦人科 梶山クリニック|妊婦健診 母親学級 乳児検診 子宮がん検診 病床あり 南アルプス市 マタニティヨガ

山梨県甲府市の産科・婦人科 梶山クリニック|出産 妊婦健診

※帝王切開などの手術がある場合、少し早めに受付を終了する場合があります。※分娩・急患の際は電話連絡の上、ご来院ください

山梨県甲府市の産婦人科 梶山クリニックの電話番号は055-222-9200

子宮頸がん検診

子宮がんの検診を受けて、明るい毎日を

子宮がん検診を受ける事により、一般的な婦人科の病気についても早期発見する機会となります。治療方針が療養指導なども同時に受ける事ができますので、1年に1回は子宮がん検診を受けるように心がけましょう。

子宮がんとは

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんの2種類あります。
子宮頸がんは、子宮がんのおよそ85%を占め、子宮体がんは15%ほどです。

子宮がんは早期発見で治療できます

子宮がんは、早期に発見して治療すれば完全に治るため、怖いものではありません。しかし、手遅れになると命を失うこともあります。
初期がんには、ほとんど症状がありません。だから、症状がないからといって安心はできません。

30歳以上の女性は、年に1回は検診を

30歳以上(できれば20歳以上)の女性は、症状が何もなくても年1回、例えば誕生日などに子宮がん検診を受けてください。そうすれば、子宮がんを早期に発見する事ができ、小さな手術で完全に治ります。

検診の方法について

検診は細胞診といって、正診率の高い検査で、おりものや子宮の入口から細胞を採って調べますから“無痛”です。子宮体がんは、子宮膣内の分泌物を採取するため、多少違和感があります。

他に、コルポスコープによる検査(拡大鏡で調べる)や、組織診(一部をとって調べる)をすることもあります。

より正確に検査をするために

生理の時、性交の翌日、膣洗浄の翌日などは避けてください。
(細胞診に影響します)

子宮頸がんワクチンについてはこちらをご覧ください。